レビトラの副作用が心配?レビトラ20mg正規品購入できる?

なぜ、レビトラED治療薬は人気がある?

世界三大ED勃起不全治療薬レビトラLevitraはバイアグラに次いでバルデナフィルを有効成分としてバイエル製薬会社によって開発されてました。レビトラの主成分は塩酸バルデナフィルと呼ばれているものです。正式にはバルデナフィル塩酸塩水和物と言われますが、バルデナフィルと簡略化されて呼ばれる事が多いです。それはどのくらい含まれているかことでレビトラ10mg、レビトラmgといった種類があります。レビトラの効果と言えば、レビトラ服用後PDE5といった酵素を破壊することによって海綿体の血管を収縮して、勃起不能を治して、セックスがうまくできることになります。レビトラを服用する場合、標準な食事の影響を受けないため、持続時間が8~10時間まで有効性であると証明されていました。レビトラには2004年に販売開始されて、現在国内で多くのED患者に愛用されています。 


レビトラ10mgの特点:

1)レビトラはバイアグラと比べて、副作用が少なく早く効き食事の影響を受けにくいので人気があります。

2)高容量20mgは即効性とさらに強い作用で日本人好みのED治療薬です。

3)レビトラは糖尿病、高血圧、うつ病、前立腺手術後や老化によるEDにも有効性が認められています。

4)レビトラ10mgは飲んで15~30分くらいで効き始め4時間以上作用します。(バイアグラ50mgも約4時間)         高容量レビトラ20mgはさらに長く8時間以上作用します。


なぜ、レビトラED治療薬は人気がある?

個人輸入レビトラの正しい服用方法、ご存知でしょう?

レビトラ個人輸入代行は現在レビトラ10mg、レビトラ20mgを通販しています。最近、日本市場で流通しているレビトラ医薬品にはニセモノが混ぜられていた現象が出て、お客様はレビトラを購入する前に、レビトラの価格、レビトラの効果など情報を先に了承してください。

レビトラlevitraは、「満足な性行為を行うのに十分な勃起を発現できない、 あるいは維持ができない男性患者の勃起不全」の治療薬です。

○レビトラは1日1回で、24時間以上あけて服用してください。

○レビトラはセックスの約30分~1時間前に服用してください。レビトラの用量については、医師に相談ください。

○ED勃起不全治療薬にはレビトラ5mg,、レビトラ10mgとレビトラ20mgの3種類の錠剤があります。

 1回に服用できる量は医師に指示された用量までです。

○特に高齢の方や肝臓の悪い方は、医師の指示を守って服用してください。

○指示された用量で効果が得られない、或は副作用のため服用できない場合には、 薬剤師にご相談してください。

○心臓の病気で硝酸剤の治療を受けている方は服用しないでください。

Levitra レビトラの使用効果には個人差があり、効果を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

サプリメントはお客さまの自己責任にてお使いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

セックスは心臓に負担をかけます。無理をしないようにしましょう。


個人輸入レビトラの正しい服用方法、ご存知でしょう?

正規品レビトラ10mg/20mg、個人購入できる?

レビトラLevitraを病院の医師で処方してもらうと、大体10㎎のレビトラ1錠で1500円、20㎎のレビトラ1錠で2000円と初診料が掛かります。 そして、日本の場合はED勃起不全治療薬には一切国民健康保険がきかないので、すべて実費になります。つまり、全部の費用が自分に負担となります。 


ですから、レビトラの効能効果がよく分かって継続を考えたときには、かなりED薬品高額な負担を強いられてしまいます。 そこで、ある程度、レビトラに関して経験と知識を積んで来たら、レビトラ20mg激安通販サイトや個人購入サイトを考えるといいでしょう。


医薬品は自分自身の賜与目的なら、決められた量以内の範囲であれば、個人で輸入することが許可されているのです。 ED治療薬の場合であれば、シアリスとか、レビトラとか、一か月分から二か月までに以内の量であれば輸入が許可されています。医師や薬局を介さずに購入することになるので、安く済みます。 しかし、個人輸入にはそれなりの知識が必要ですから、現在薬品の輸入を代行してくれる会社も多く、分からない方は個人輸入代行業者をつかって輸入してみるといいでしょう。


さらに、ED治療薬は本来は特許が切れたものではないのでジェネリック医薬品はないはずですが、実際には存在するのです。 これはインドの特許に関する考え方が違うということが原因です。 だから、世の中にはレビトラのニセモノも多く出回っているので、注意して購入するようにしましょう。


おすすめサイト情報

勃起不全は年齢の差別に関せず、各年齢でも勃起不全(ED)になる可能性もあります。だから、1300万人の一員にならないように是非、勃起不全などの病気を避けください。一方、もしこのような病気を持つなら、あまりにも心配しないで、勃起薬、勃起不全(ED)治療精力剤などを使用して克服してください。